オブジィが求める人材は「好奇心・向上心・負けず嫌い」を持っている人です

この仕組みはいったいどうなっているんだ…?」
「新しい技術がある。この方法ならあの要件を満たせるのでは?」
「なぜ出来ないんだ?これはどうだ…あれはどうだ…」
その場に立ち止まらず、常に上を見上げるあなたを待っています。





風通しのよい会社

とにかく明るく、自分を「持っている」社員が多いです。
若手社員が社長や先輩に意見を言うことも多いです。
なぜなら、そこに重要な「何か」があるからです。
この社風が、いい仕事を生み、いい結果を出し、
いい成長に繋がると考えています。





挑戦ができる会社

技術者であれば、より高い技術を習得したくなる。
その扉はすぐ目の前にあり、自分で開けられる距離にある。
“何か”に挑戦できる環境がここには存在します。
だからこそ、職人集団の集まりと言われる所以です。










CASE 01
コミュニケーション

1日中パソコンに向かって黙々と作業をする。
そんなイメージを持つ人も少なくないです。
そのような日もありますが、実際のプロジェクトは数名の“チーム”で動きます。
課題の検討、仕様の検討、進捗会、プログラミング方法など、
一人で作業をする日は多くありません。
“報連相”をしっかり行うことで、システムの品質、完成度、
そして社内の“結束”が高まっていきます。





CASE 02
成長

IT業界は日々進化しています。
“その時”の技術で対応していくことは可能ですが、
より新しい技術、より新しい挑戦への姿勢は必要不可欠です。
それは誰かに言われて行うものではありません。
自分自身がその階段へと一歩進まなければなりません。





CASE 03
仕組みを考えるためには

お客様からシステムのご要望を受けたとき、
仕様通りのシステムを構築するのは当たり前。
けど、ただ頼まれた仕事をするのではなく、
どうしたら楽しく仕事が出来るのか?
どうしたらシステムを使い続けてもらえるのか?
日々の業務の中からでは生まれて来ないもの。
それらを“イベント”を通して培って行こうと、
オブジィでは“遊び心”を大切にしています。