オブジィの今年はまさに変化の連続です。
レクリエーションクラブ(活動の中心はバドミントンですが)が誕生したこと。
苦手意識の強かった新人教育が何とか稼働したこと。
振り返ってみると「出来なかった」のではなく、「やらなかった」のだと思います。
社長の仕事ってなんだろう?と考えると、1つシンプルな回答があります。
それは仕組み作り。
集まって体を動かすような活動が生まれる仕組み、社員家族が交流を持つような仕組み。
業務にしても言葉では簡単ですが、社内の「共有」や「連携」が出来る仕組み。
これらを社員へ「やれ」の一言では全然稼働しません。そもそもプロジェクトにだって
要件定義やら外部設計や製造なんかがあり、それぞれのフェーズで果たすべき役割が
機能して成立するわけです。ですから小さな仕組みでも、それぞれがきちんと役割を
果たさないと、絵餅に終わるだけだと思います。それにはまずは抽象的でやりにくい
最初の部分を言いだしっぺが切り開くことです。
さて写真は7月の末に静波スイングビーチでBBQやった様子です。これは例のバドミントンの
休憩中に、ある社員の奥さんが私に「BBQやりましょう」の一言で実行が決まりました。
夏の夕方に海岸沿いのリゾート設備に家族で集まり、雑談に花が咲き、子供向けに花火や
スイカ割りでした。初めてのことでしたが、”来年もやるべき”という声があり趣向を
変えながら、仕組み作りとしてオブジィの夏の恒例イベントにしていきたいと思ってます。


BBQの様子

BBQの様子

BBQの様子

BBQの様子